ログイン
新規登録

CHEERS!

プロジェクト一覧

プロジェクト投稿

マイページ










「 GOON TRAX  × CHEERS! 」プロジェクト 始動


こんにちは。 GOON TRAX(団体名)を主宰している株式会社KADOKAWAの寿福知之(JFK)です。 DJ Krush氏と同じく、 “ヒップホップの美学”よりも“ヒップホップの自由”を選び、2006年設立したGOON TRAX。“日本人の心に響くヒップホップ”というコンセプトの下、 同年11月に記念すべきレーベル初作「The Good People」のアルバム(GTXC-001)をリリースしてから早7年、 カタログ・ナンバー「10番」ごとにコンパイルしてきたレーベル・コンピ 「IN YA MELLOW TONE」も、mix CD&限定流通盤を含めるとシリーズ累計17作品、 総出荷28万枚を超え、多くの人に「心に響くHIP HOP」を届けることが出来、世界No.1ヒップホップ・コンピレーションとしての評価を頂くまでとなりました。   2011年からは、コンピレーションと同名の「IN YA MELLOW TONE」というライブ・イベントもスタート。恵比寿BATICAでのレギュラー・パーティーに加え、 定期的に海外からアーティストを招聘してのイベントも開催しているのですが、そんな折、イベントに遊びにきてくれていたCHEERS!代表の小宮山氏と出会い、 クラウドファンディング「CHEERS!」を使った新しいプロジェクトを立ち上げる運びとなりました。

Tomoyuki_Jyufuku 寿福知之(Tomoyuki Jyufuku)
株式会社KADOKAWA企画制作局A&Rプロデューサー。 06年に始めたGOONTRAXでは、コンピレーション・シリーズ『IN YA MELLOW TONE』をはじめ、全リリース作品のプランニングからディレクション、イベントオーガナイズまでをてがけている。
IN YA MELLOW TONE 9 「IN YA MELLOW TONE 9」(2013年12月11日発売)
「IN YA MELLOW TONE」シリーズは累計で28万枚のセールスを記録する。世界で一番売れているJAZZY HIP HOPのモンスターコンピレーションアルバム。
ヴィレッジ・ヴァンガード限定盤「IN YA MELLOW TONE 9.5」 ヴィレッジ・ヴァンガード限定盤「IN YA MELLOW TONE 9.5」
(2014年3月12日発売)

実に2年半ぶりとなる、ヴィレッジ・ヴァンガード限定盤。「.5」シリーズでは、タワーレコードやTSUTAYAなど、限定流通盤をリリースしている。

FM西東京「Radio CHEERS! ブラッシュアップ」内での
寿福知之氏のインタビュー」

インタビューアー :なつし聡(ユメミノ音泉村)。「IN YA MELLOW TONE」のヒットの裏側から、今回のクラウドファンディング「CHEERS!」を使ったプロジェクトの概要について語っています。

「IN YA MELLOW TONE×クラウドファンディング」の幕開け


昨年、2013年12月21日, IN YA MELLOW TONEでもお馴染みの日本人トラックメーカー、re:plusの初の海外ツアーが実現しました。韓国ソウルのトレンドスポット”SOCIAL CLUB”にて、GOON TRAXからHIDETAKE TAKAYAMA、DJ Chika a.k.a. INHERIT (acro jazz laboratories)も参戦し、大盛況のもと韓国ツアーを終えることができました。 このツアーのきっかけは、韓国と東京に拠点をおく音楽系マッチング・コミュニティ・サービス『MyMusicTaste』というサービス。 このサービスは、好きなアーティストのライブを観たいユーザーの要望と、ライブで集客できる地域を探りたいアーティストをネット上で結びつけるマッチングサービスです。 このサービスにより、インターネットを使ったファンからの投票により、ライブ需要のある地域を的確にとらえ、ライブ開催の実現へとダイレクトに結びつけていくことが可能となりました。 re:plusはこのサービスを通じて、韓国ファンからの絶大な支持と多数の票を得て、韓国ツアーを実現。このマッチングサービスとクラウドファンディングは、ファンのニーズを可視化するものが票かお金かの違いであって、マーケティング機能としては全く同じものと言えます。 ライブ実現をアーティスト、ファン一体となり作り上げ、喜びを分かち合えることが、クラウドファンディングの大きな魅力の1つでもあります。 2013年に実現したre:plus氏の韓国ソウルでのライブ
2013年に実現したre:plus氏の韓国ソウルでのライブ
(左;HIDETAKE TAKAYAMA、中央;DJ Chika、右re:plus氏)

クラウドファンディングを使って
ファン発信型のライブの実現!


主催者側がライブ企画を行い、ファンを集めるという従来型の発想とは逆に、クラウドファンディングを使い、地域ごとのファン需要を可視化させることで、アーティストはファンのいる場所で的確にライブを開催することができます。 このようにクラウドファンディングを使っていくことで、ファン発信型のプロジェクトが実現可能となります。同時に、このスタイルは今後の音楽業界の大きな流れとなる可能性を秘めています。IN YA MELLOW TONEでは、2014年のツアーにて、クラウドファンディングを用いたファン発信型のプロジェクトを実施します。

2014年はSam Ockを日本全国に呼ぼう!


今夏、2014年8月22日〜31日、IN YA MELLOW TONEツアーの全国ツアーが予定されています。一人でも多くのファンへ「生のIN YA MELLOW TONE」をお届けするすために、 東京を含めた全6都市でのライブ・イベントを予定しています。
今回のツアーでは、3月12日に2ndアルバム「Stages」をリリースしたアメリカ人コリアンアーティストSam Ockを招聘。

IN YA MELLOW TONEでもお馴染みのSam Ockは、ももいろクローバーZのライブで楽曲が使用されたり、亀田誠治氏が彼の楽曲をラジオでオンエアするなど、幅広い層から支持を受けています。
そんなSam Ockの来日公演は、きっと多くのファンが待ち望んでいたものでしょう。
Sam Ock

Sam Ock

アメリカ はメリーランド州エリコットシティー在住の23歳。メリーランド大学でミュージック・テクノロジーを専攻するようになったのを機に、ソロ・アーティストしての活動をスタート。Death Cab for Cutie、Kings of Convenienceといったインディーロック~Bill Evans、Miles Davis等のジャズ・シーンの偉人、フォーク界の至宝Damien Riceや、日本のポストロック界の至宝toe、そして今は亡きJazzy/Mellow Hip Hopの神Nujabesまで、幅広いジャンルから影響を受けながらも、アジアの血が流れている故か(コリアン・アメリカン)、エモーショナルなメロディー作りに常に注力してきた彼の楽曲は、Youtubeにポストされた途端、瞬く間に話題に。次第にLAのアングラHip Hopシーンで話題のラッパー“Dumbfoundead”や、日本でも人気のカリフォルニアのラッパー“Kero One”、コリアン・シンガーとしては、異例のビック・ヒットを飛ばす期待大の話題のシンガー“Clara C”といったビックネームともコラボレーションを果たすようになり、サム・オックの名はインターネットの世界を通じ急速に浸透。2011年12月にリリースされた1stアルバム「Simple Steps」は、洋楽新人のデビュー・アルバムとしては異例の特大HITを記録し、短期間の間に2度の来日公演も実現。John LegendやBruno Marsといった、誰もが知るカリスマ・シンガーを引き合いに出されるまでに成長を遂げていった。
そして2013年3月、前作から2年強の月日を経てリリースされる2ndアルバム「Stages」で、Sam Ockはその地位を不動のものとするだろう。

Sam Ock - Here I Go [Official Music Video]
2ndアルバム「Stages」より”Here I GO”。 2ndアルバム「Stages」は現在、iTunes、HIP HOPアルバムチャート1位奔走中。

Sam Ockを招聘してのIN YA MELLOW TONE全国ツアーを企画する際に知りたいことは、Sam Ockのファンがどの地域に、どれくらいかということです。 過去の実績がある東京とは違い、初めてライブ・イベントを開催する地方都市での、ファン需要は非常に見えずらいものです。 今回、Sam Ockを招聘してのIN YA MELLOW TONE全国ツアーという限られたスケジュールの中で、できる限り日本のファンに応えるためにも、ファン需要が高い都市を優先してツアーを組んでいきたいと考えています。 そこで、CHEERS!を使い、その開催都市を決定し、IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ockを実施することとしました。 つまり、開催候補地となっている全国10エリア、札幌、仙台、宇都宮、新潟、名古屋、大阪、広島、山口、福岡、宮崎、におけるライブ・イベントのプロジェクトチケットをCHEERS! にて販売し、これが完売になった地域から順番にライブの開催実施が決定するということです。

プロジェクトの流れ


1、CHEERS! にて10エリア(札幌、仙台、宇都宮、新潟、名古屋、大阪、広島、山口、福岡、宮崎)のライブイベントプロジェクトチケットの予約販売を開始。
*プロジェクトチケットはエリアごとに¥2500,¥5000,¥10000の3種類を用意 。


2、チケットを50枚以上完売したエリア(限定5都市)が、IN YA MELLOW TONE with SamOckのライブイベント開催地に決定!


注意①  先着5番以内、プロジェクトチケット50枚(支援するFAN50名) 以上で、そのエリアでのIN YA MELLOW TONE with SamOckが決定します。

注意② ①の条件に満たない場合は、残念ながらそのエリアでのIN YA MELLOW TONE with SamOckは実現しません。予約販売のキャンセル扱いとなるため、決済されることはありません。開催地とならなかったエリアでのプロジェクトチケットを購入し、キャンセル扱いとなった方には主催者からお礼のメッセージを送らせて頂きます。

プロジェクト実施期間 (開催地選考期間&チケット予約販売)


2014年3月12日(水) 〜 4月12日(土)

IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ockツアー期間

2014年8月22日 (金) 〜 31日(日) *デイ・イベントかオールナイトイベントかは決定エリアによって異なります。 その他、OPEN/START時間、他の出演者詳細は4月12日(土)のプロジェクト終了時に発表になります。

開催候補地ごとのプロジェクト

エリアごとのプロジェクトチケットは下記より購入できます。

札幌

IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in 札幌


仙台

IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in 仙台


宇都宮

IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in 宇都宮


新潟

IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in 新潟


名古屋

IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in 名古屋


大阪

IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in 大阪


広島

IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in 広島


山口

IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in 山口


福岡

IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in 福岡


宮崎

IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in 宮崎




プロジェクトチケットについて


¥2500
IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in ○○先行販売チケット
Sam Ock参加音源で構成されるスペシャルミックスCD

¥5000    *限定10枚
IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in ○○先行販売チケット
Sam Ock参加音源で構成されるスペシャルミックスCD
ライブ終了後にSam Ockとミート&グリート
GOON TRAXオリジナルグッツ

¥10000   *全国で限定10枚
IN YA MELLOW TONE TOUR with Sam Ock in ○○先行販売チケット
Sam Ock参加音源で構成されるスペシャルミックスCD
ライブ終了後にSam Ockとミート&グリート
GOON TRAXオリジナルグッツ
IN YA MELLOW TONE 10 CD
IN YA MELLOW TONE vol.10 選考会参加チケット
(選考会参加者の皆様のお名前は、IN YA MELLOW TONE 10にセレクターとしてクレジットされます)


【選考会詳細】
日時;2014年5月31日 16:00-18:00
場所;GOON TRAX渋谷オフィス
*参加者に開催場所の住所をお送りします。
*会場までの交通費は自己負担となります。

【全プロジェクト共通の注意事項】
*ライブ当日、何らかのご事情で来場出来なかった方へのチケット代の返金は出来かねます。予めご了承ください。(その場合、ご希望の方へはオリジナルMIXCDのダウンロードリンク先をお教えいたします)


GOONTRAX
2006 年、世界中の良質なJAZZY/UNDERGROUND HIP HOPをリリースするレーベルとして設立。
カタログ・ナンバー「10番」ごとにリリースされるレーベル・コンピ「IN YA MELLOW TONE」シリーズは現在シリーズ「9」までリリースされており、 累計280,000 枚を超える人気シリーズとなっている。